黒豆抹茶がアンチエイジングによい理由

黒豆抹茶 黒豆とアンチエイジング

黒豆抹茶とは、京都丹波産の黒豆と大納言小豆、そして京都宇治・和束町のお抹茶をブレンドした京都を代表する自然の恵みをブレンドした究極のお抹茶です

皆様がなじみの抹茶商品は、一般的にお砂糖がたっぷり入っているものが多いですが、黒豆抹茶は、黒豆や小豆の自然の甘味だけ。無糖で作られた、品のある抹茶です。黒豆も抹茶も非常に栄養価が高く、無糖の抹茶は健康を意識して飲んでいただけるのも特徴です

抹茶とは?

まずは抹茶について、少し説明してみたいと思います。

お茶に含まれる旨み成分「テアニン」は、日光にあたると渋み成分である「カテキン」に変わってしまいます。そのため新芽がでたら茶園ごとおおいをかけて直射日光を当たらないようにして育てます。これが碾茶、いわゆる抹茶です。

黒豆抹茶はアンチエイジングにぴったり

抹茶は、茶葉をまるごと粉末にしたものを飲みます。そのため、煎じて飲む緑茶では抽出できない栄養素も抹茶では、そのまま、まるごと摂取することができます。これが抹茶の健康パワーの秘密です

抹茶には、いわゆるビタミンのエースといわれる(A・C・E)が全て含まれていて、ポリフェノールの一種であるカテキンや食物繊維も豊富です。特にカリウムの含有量は豊富で、アンチエイジングにもぴったりの飲み物といえます。

抹茶とブレンドするのが、黒豆、小豆。大豆商品も栄養価が非常に豊富で、大豆特有のイソフラボンは、女性に嬉しいポリフェノールの一種で、女性ホルモンと似た働きをするといわれています。そして何より黒豆、小豆は良質のたんぱく源。たんぱく質は、体や細胞を作るために欠かせない栄養素のひとつですね^^

こうしてみると黒豆抹茶はアンチエイジングにぴったりの飲み物だともいえますが、注意点もあるのでお伝えしておきます。

抹茶は1度に多く使うことがありません。3gとか少量です。抹茶の栄養素自体は豊富なのですが、それほど多くの栄養素を一度に摂取できるわけではありません。そして、もうひとつ。抹茶にはカフェインが含まれていますので、カフェインがダメという方はご注意ください。しかし、こうして考えてみるとコーヒーと同じように、1日2、3杯を飲むと適量で、非常にヘルシーではないかと思います^^

なぜ、黒豆抹茶は無糖がいいのか?

抹茶は、うまみ成分であるアミノ酸の「テアニン」が豊富ですが、それでも、抹茶ってやっぱり苦いといいますか、渋いといいますか。。。とっつきにくい印象があったと思います。しかし、その渋みと甘味を融合させた抹茶スイーツが登場し、大ヒット。世の中には抹茶スイーツがいたるところにありますね。しかし、それは自然の甘味ではなくお砂糖をたっぷり使用したものであることがほとんどです。

お砂糖は3大栄養素の糖質。非常に大切な栄養素で、体内に入るとブドウ糖となり、すぐにエネルギーになってくれるのですが、摂りすぎると体に蓄積されてします。ですのでお砂糖は、摂りすぎには注意しなければなりません。特にスイーツに使われる砂糖の量は非常に多く、知らず知らずに摂りすぎてしまうことが多い。

また意外に知られていないのですが、糖質=お砂糖だと思っていらっしゃる方も多いのですが、ご飯、パン、麺類なども糖質です。つまり私たちは日常、糖質を結構な量、摂取しているのです。ですから、アンチエイジングやダイエットを意識されている方には特に、抹茶を飲むなら、無糖で飲むことをおススメしています。

美味しい黒豆抹茶の飲み方

抹茶はテアニンといううまみ成分が豊富でありますが、黒豆抹茶はさらに、黒豆と大納言小豆といった自然の甘味があるため、通常の抹茶よりもマイルドな味がします。

そのため飲み方はシンプルに。自然の恵みを最大限に生かしてほしいと思います。ここでは、黒豆抹茶の楽しみ方を3つご紹介させていただきます。

そのままお湯に溶かして飲む。

上述しましたが、黒豆抹茶は通常の抹茶に比べて大変マイルドです。抹茶が持つ特有の旨みと黒豆・小豆の甘味の融合をそのまま楽しんでみてください

さらにおススメなのが、高級黒豆菓子の黒豆グラッセを口に含んでから、黒豆抹茶の飲むと口の中に上品な甘みとほどよい渋みの調和が得られて、最高です(写真はイメージです)

黒豆グラッセ

牛乳を混ぜて、黒豆抹茶ラテにして飲む

たっぷりの牛乳に溶かして、黒豆抹茶ラテにして飲むのもおススメです。もちろん、お砂糖はいれずに飲みます。自然の甘味と旨みを持つ黒豆抹茶だからこそ無糖でおいしく飲めます^^

抹茶ラテイメージ

黒豆抹茶をお料理に振りかける

黒豆抹茶をお料理のアクセントにつかうのもおすすめです。美容によい、ビタミンA,C,E。それに大豆イソフラボンやアントシアニン、カテキンなどのポリフェノールも豊富に含まれていますので、たっぷり振りかけて気楽にヘルシーにお料理に活用してみてください

ヨーグルトに混ぜてみたり、お塩に混ぜてみてもいいと思います^^

まとめ

以上、黒豆抹茶の魅力をお伝えしましたが、黒豆抹茶は、京都を代表する黒豆、大納言小豆、お抹茶の自然の恵みを使用した最高に贅沢な飲み物です。

自然の恵み、甘味をそのままに、無糖で楽しんでもらえればビタミン、ポリフェノールも豊富で大変ヘルシー。 アンチエイジングにぴったりです^^

ただし、抹茶にはカフェインが含まれておりますので、カフェインがダメな方はお控えください。飲みものとして楽しむ場合は、少量で楽しめますので、1日2、3杯を飲むとよいと思います^^

黒豆製品をお店に導入してみませんか?
黒豆製品の仕入れのお問い合わせは下記から
この記事を書いた人
丹波の恵み

黒豆の本場・京都丹波の黒豆専門店「丹波の恵み」です。黒豆屋としては大変珍しい、黒豆健康ドリンクの専門店として創業20年^^。楽天市場では、黒豆ココアが大ヒットを記録。黒豆茶は口コミ実績1000件以上。日々の生活の中に気楽に黒豆を採り入れていただける方法を今も日々、研究中です^^/

丹波の恵みをフォローする
黒豆とアンチエイジング黒豆抹茶
丹波の恵みをフォローする
黒豆の力
タイトルとURLをコピーしました